コラーゲン配合化粧品の効果。【40代からのKEIKO流エイジングケア】

コラーゲン配合化粧品の効果

コラーゲン配合化粧品の効果

美容成分として、たくさんのスキンケア化粧品に使われている「コラーゲン」。
デパートのコスメ売り場やドラッグストア、雑貨店など、いろんな場所でよく目にします。それだけ多くの化粧品に配合されているのは、コラーゲンの美容効果が認められているから。

ここでは、コラーゲンの性質とお肌への効果から、コラーゲン化粧品をオススメする理由をお話しします!

お肌に潤いをチャージ!コラーゲンの威力

たくさんの化粧品に使われているコラーゲンですが、お肌にどんな効果をもたらしてくれるんでしょうか?

コラーゲンの効果を知る前に、まず簡単にお肌のしくみを見てみましょう。
人間の皮膚は大まかに表皮・真皮・皮下組織の3層構造になっています。その中でも真皮は肌の大半を占める組織で「繊維芽細胞」という肌の弾力やハリに関係する細胞があります。そしてこの繊維芽細胞がコラーゲンを作っています。コラーゲンには肌に弾力を持たせたり余分な老廃物を排出する働きがあるため、真皮でコラーゲンがたくさん作られれば、潤いとハリのあるみずみずしい肌につながります。

ところが人の体内にあるコラーゲンは、加齢や紫外線などの刺激から徐々に減少したり、劣化したりしていきます。そこで「化粧品でコラーゲンをとる」という積極的なケアが広まっているんですね(^_^)/

ただし「化粧品のコラーゲンが肌のコラーゲンになる」というのは間違い。化粧品に配合されているコラーゲンは分子が大きく、表皮の奥深くにある真皮までは届きません。勘違いしやすいのですが、化粧品に含まれるコラーゲンは肌に付けたからといって、そのまま肌のコラーゲンになるわけではないんです。
「それなら効果はないんじゃないの?」と思ってしまいますが、実は化粧品に配合されているコラーゲンの役割は、浸透させてコラーゲンを補充することではないんです。

じゃあ、コラーゲンの役割は何なのかというと「浸透」ではなく「保湿」にあります。コラーゲンの特徴はその高い保湿力。美肌作りやエイジングケアに保湿が重要なのは、よく知られていますよね?
コラーゲンは肌表面に高分子の膜を作り、水分をしっかり保護しながら保湿することができます。この「潤いの膜を作る」という性質によって、乾燥やシワといった肌トラブルから肌を守ってくれるんです!

また、コラーゲン化粧品には「低分子コラーゲン」と呼ばれるコラーゲンを使ったものもあります。これは従来のコラーゲンをさらに分解加工して分子量を小さくし、浸透しやすくしたもの。角質層の奥深くまで浸透することができるので、肌内部まで保湿することができるんです。
この他にも、外からコラーゲンを吸収するのではなく真皮幹細胞(真皮に存在する幹細胞※)に直接浸透させ、コラーゲンの生成を補うことのできる化粧品の開発も進んでいるんだとか。コラーゲンの威力を引き出す商品が、ますます増えていきそうです。o(^_^)o

※幹細胞とは...細胞や組織の元となる細胞。新しい細胞や組織は幹細胞を元に作られる。真皮幹細胞は、肌の弾力と密接な関係があり、真皮幹細胞が活発になると肌の弾力やハリが増す。

コラーゲン化粧品のアンチエイジング効果

年齢を重ねると、コラーゲンゼリーやコラーゲンサプリ、コラーゲン化粧品などの商品で、コラーゲンを取り入れるケアをする女性も多いですね。「コラーゲンは肌にいい」という漠然としたイメージもありますが、なぜ幅広い年代の女性に人気があるのかというと、コラーゲンにアンチエイジング効果=若返り効果があると言われているから。
アンチエイジングを考える上で重要な肌機能として「ターンオーバー」がありますが、コラーゲンはターンオーバーにも欠かせない成分なんです。

ターンオーバーは、ある一定の間隔で作られた新しい角質が、古い角質を押し上げはがれ落とすことで、肌が美しく生まれ変わる機能のこと。今ではよく知られているワードの一つですよね。ターンオーバーが正しく行われていることが、若々しく美しいお肌のためには必要です。このターンオーバーは健康な肌でないと、正しいサイクルで行われません。健康な肌とは、コラーゲンによって肌のハリ・弾力・潤いが十分に保たれた状態のこと。美肌はコラーゲンが支えているといっても過言ではないんです。
ただ、年齢を重ねると自然とコラーゲンは減少してしまいます。コラーゲンが減少すると、肌の弾力や潤いだけでなく正しいターンオーバーもされなくなり、肌は老化していく一方...(T_T;)コラーゲンの大切さがわかります。

また、加齢で肌が衰える他に紫外線の問題もあります。
肌が健康でコラーゲンが十分な状態であれば、表皮で紫外線がブロックされ、真皮までダメージを受けることはありません。反対に、コラーゲンが足りずに紫外線が表皮を通り抜けてしまうと、真皮まで傷つけられてしまいます。(´Д`;)構造の違いから真皮は表皮のようにターンオーバーしないので、一度受けたダメージが残り、シミやシワの原因になってしまうんです。

このように、健康で若々しい肌を保つためにコラーゲンはとても重要なもの。足りなくなったコラーゲンを補うことは、エイジングケアにも効果的だと言えそうです。

コラーゲン配合化粧品を選ぶポイント

コラーゲン化粧品が美肌にもエイジングケアにも効果的だとわかりましたが、種類がたくさんあって、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね?
ここでは、コラーゲン化粧品を選ぶ時のポイントをいくつかご紹介します。

コラーゲンの分子量をチェック

これまで何度もお話しした通り、コラーゲンは分子量の大きさによって浸透力が変わってきます。コラーゲン化粧品を選ぶ時は、どれくらいの分子量のコラーゲンが使用されているのかチェックしてみましょう。

もともとコラーゲンの浸透力はあまりよくありませんが、分子量が小さければ小さいほど、浸透力は高くなります。また、最近では加工の段階で分子量を小さくした「低分子コラーゲン」や、従来より浸透力の高い「生コラーゲン」など、浸透力に注目した商品もあります。
さらに保湿力の高い「高分子コラーゲン」と浸透力の高い「低分子コラーゲン」を組み合わせるなど、複数のコラーゲンを配合した商品も。これらの商品は、その両方の効果が期待できます。

たいていのコラーゲン化粧品は、コラーゲンの種類(低分子コラーゲン、生コラーゲンなど)や、分子量が表示されていると思うので、商品を選ぶ時はそれらを参考にしてみてください。

コラーゲンの原料をチェック

化粧品に配合されているコラーゲンの原料には、牛や豚由来の動物性コラーゲン、魚由来の海洋性コラーゲン(マリンコラーゲン)など、いろいろなものがあります。
最近は、吸収率の良さから海洋性コラーゲンの人気が高いようですが、原料によっては肌との相性や使い心地も変わるので、どれが一番自分に合っているのか、原料にもこだわってみた方がいいでしょう。

コラーゲンの他に何が配合されているか

コラーゲン化粧品には、コラーゲン以外にも美容成分が一緒に配合されているものもあります。コラーゲンの他に、保湿力の高い「セラミド」や「ヒアルロン酸」「エラスチン」「プロテオグリカン」、アンチエイジング効果のある「ビタミンC」「ビタミンE」などが配合されていれば、より高い美容効果が期待できます。

また、香料や着色料といった化学的な成分が含まれたものは、乾燥肌や敏感肌の人が使うと、肌荒れなどの肌トラブルにつながる可能性があります。
肌がナイーブな人はもちろん、場合によってはアレルギーを引き起こす可能性もあるので、できればそういった添加物を含まないものを選ぶようにしましょう。

使い心地も大事

これは実際に使ってみないとわからないところですが、長く使い続けるには使い心地も大事です。コラーゲンには即効性はなく、効果を期待するなら継続して使い続けることが大切。でも使い心地がイマイチだと、なかなか続けるのが難しいですよね。

コラーゲンというと、濃厚なとろみが特徴と思われがちですが、中にはとろみの少ないサラサラしたテクスチャーのものもあります。特に低分子コラーゲンなど、分子量の小さいものはとろみが少ない傾向があるようです。成分と一緒に、自分が気持ちよく使い続けられるものを選ぶようにしましょう。

  • 広告
  • 広告
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

運営者プロフィール

名前KEIKO

年齢41歳

肌質乾燥肌、混合肌、(敏感肌?)

趣味ブログ、料理、子供と遊ぶ

40代になってエイジングケアにハマってます(^^)
インターネット上の情報だけでなく、各機関の研究データや一般書籍など信憑性のある情報を参考に、できるだけ詳しく分かりやすく正確な情報をご紹介するよう心がけています!
肌質は乾燥肌が少し酷く、混合肌です。
敏感肌とは自覚したことはありませんが、化粧品によってはたまに肌荒れを起こしたことも・・・。
色々な気になるコスメを実際に試してみて、レビューやクチコミもしてます!
反響があるととても嬉しいので応援してくださいね!

  • エイジングケアお役立ちコラム
広告
ページTOPへ

カテゴリ

運営者プロフィール

名前KEIKO

年齢41歳

肌質乾燥肌、混合肌、(敏感肌?)

趣味ブログ、料理、子供と遊ぶ

40代になってエイジングケアにハマってます(^^)
インターネット上の情報だけでなく、各機関の研究データや一般書籍など信憑性のある情報を参考に、できるだけ詳しく分かりやすく正確な情報をご紹介するよう心がけています!
肌質は乾燥肌が少し酷く、混合肌です。
敏感肌とは自覚したことはありませんが、化粧品によってはたまに肌荒れを起こしたことも・・・。
色々な気になるコスメを実際に試してみて、レビューやクチコミもしてます!
反響があるととても嬉しいので応援してくださいね!

※当サイトに掲載している内容はあくまで当サイト運営者が独自にネットや他の書籍などを調べた内容を要約して独自の感想を交えながら掲載したものです。
情報の正確性について保証するものではありませんので予めご了承ください。