敏感肌の方のためのスキンケア。おすすめの無添加化粧品、幹細胞コスメ比較ランキングなど。

敏感肌の方のためのスキンケア

敏感肌になってしまう原因はなんでしょうか?
敏感肌の方のためのお肌対策法をご紹介します。

敏感肌とは?

敏感肌にはいろんなタイプがありますが、例えばお肌に水分をキープできずにカサカサになってしまう状態を乾燥肌と呼びます。
肌が乾燥することで肌表面の角質層が乱れるので、紫外線などの外部からの刺激に抵抗する力が弱まってしまうのです。
そうすると化粧水や化粧品がお肌にピリピリとしみたり、炎症を起こし肌荒れになったりするのです。
敏感肌の方の肌は乾燥している人が多いのですが、皮膚の表面にうるおいがなく、酷い人の場合は粉をふいたようなお肌にもなります。
皮膚の表面の壁が壊れるため、ウイルス、紫外線、細菌などの刺激がお肌内部へ入ってしまうと赤みをおびた炎症が起きて悪化してしまいます。
お肌のバリア機能が弱まってしまい大事な皮脂やセラミドも流れやすくなるので、化粧水などをお肌に与えてもしっとりせずに改善されません。
乾燥とは環境や生活によっても起こることもありますが、ほとんどはスキンケアの方法を間違えていたり、自分のお肌に合わない化粧品選びをしてしまい改善されないことが多いようです。

広告

敏感肌を改善させる方法

敏感肌の方はスキンケアをする時に保湿をすると思いますが、とにかく肌に水分をバシャバシャと与えよう必死になってしまっていませんか?
しかし重要なのはお肌の水分をキープする部分にしっかり水分を送り届けることなので、水分が蒸発しないように保湿することが肝心なのです。
特に保湿が必要な部分は皮膚の表面より下にある角質層という場所にあります。
この部分は角質細胞とその周囲を満たす角質細胞脂質があるのですが、水分をキープする重要な場所です。
この部分に水分を与えることで正常なお肌の状態にすることでお肌のうるおいを逃さず守ることができます。
化粧水などで保湿をする時も、同じ成分であるセラミドを配合した化粧水を使用すると肌に浸透しやすいので水分をキープしやすくなりおすすめです。
保湿のポイントとしては角質層に水分を与えるということなので、この点を抑えてスキンケアをしていけば改善の道も早いかもしれません。
そして自分の肌につけてしみる化粧水は合っていない場合があるのでつけるのをやめましょう。
使用してもしみない保湿クリームなどを使いましょう。
その他にも皮膚への刺激が少ないエモリエント効果があるものを使うと敏感肌が治ってしまったという人もいます。
また外出する時は紫外線予防のスキンケアも大事です。
日焼け止めクリームはお肌に刺激が強い成分のものもあるので、なるべく使用せずパウダーファンデーションをたっぷり塗って出かけましょう。

化粧品を購入する際、配合成分に「旧表示指定成分」が配合されていないかチェックしてみるのもいいと思います。
「旧表示指定成分」の一覧はこちらをご覧ください。

化粧品危険成分、簡単チェックツールはこちら

広告

無添加化粧品のみを使ってみる

敏感肌の方は刺激の少ない「無添加化粧品」をおすすめします。
ただ、無添加といっても日本では特に決まりはなく定義があいまいで表現は各メーカーに委ねられています。
当サイトで無添加の定義をし、ランキング形式でおすすめの化粧品をご紹介しています。
下の当サイトで無添加の定義とおすすめランキングについては下記のリンクからご確認ください。

おすすめの無添加化粧品、比較ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

運営者プロフィール

名前KEIKO

年齢41歳

趣味ブログ、料理、子供と遊ぶ

美容系、エイジングケアのネタを研究しています!
常にアンテナをはって美を追求、情報発信します。
反響があるととても刺激になりますので応援してくださいね!

  • エイジングケアお役立ちコラム
広告
ページTOPへ

※当サイトに掲載している内容はあくまで当サイト運営者が独自にネットや他の書籍などを調べた内容を要約して独自の感想を交えながら掲載したものです。
情報の正確性について保証するものではありませんので予めご了承ください。