脂性肌におすすめのスキンケア。オススメの無添加化粧品、幹細胞コスメ比較ランキングなどご紹介。

脂性肌におすすめのスキンケア

脂性肌の方、もしかしたらそのスキンケア方法間違っているかもしれません!
脂性肌のための正しいスキンケア方法と脂性肌の基本情報を知っておきましょう。

脂性肌のスキンケア方法

そもそも脂性肌の原因って何なのでしょうか。
脂性肌には様々な原因が考えられるのですが、その中でも普段の食生活だったり、生活習慣によるホルモンバランスの乱れからくるもの、間違ったスキンケア方法などがあります。
まず食生活では、脂質の多い食べ物の摂取は避けておいた方が良いかもしれません。
特に飽和脂肪酸をたくさん含むバターや牛脂、肉類、ラード、ショートニングの摂り過ぎによっても脂性肌を招いてしまうことがあります。
皮脂を分泌する皮脂腺とは体内の不要な脂を排泄する部分ですが、飽和脂肪酸は融点が高いので毛穴詰まりになることが多いのです。
さて、脂性肌の方のスキンケアで特に気をつけたいことは皮脂をとりすぎないこと、洗顔は優しく行う事、保湿はしっかり行うことなのだそうです。
お肌を保護するために必要なある程度の皮脂は残して洗顔をするべきです。
洗顔は優しく行い、洗顔後は保湿を行い必要な成分を補うことで改善されていきます。
洗顔料はなるべく油分の少ないものが良いのですが、アルコールが含むものは水分が失われてしまう可能性もあるので避けましょう。
脂性肌はケアを間違ってしまえば肌トラブルを招くこともあり、更に乾燥肌や敏感肌になりうる危険性もあるので正しい知識を持つことが大切です。

広告

脂性肌の間違ったスキンケとは?

脂性肌の人が洗顔後のスキンケアで特に気をつけたいのが保湿になります。
脂性肌の人は保湿をすると余計に肌がべたつくと思い、化粧水や乳液などで済ませてしまい、保湿を怠ってしまうことがあります。
しかし洗顔後のお肌は角質層の細胞間脂質や皮脂膜が流されてしまうのでお肌のバリア機能も低くなります。
バリア機能が回復している間はお顔にしっかり保湿をして保護をすることが重要で、そのまま放置してしまった場合お肌は自らを守るために皮脂の分泌を増やしてしまうのです。
これらが脂性肌の原因となる間違ったスキンケア法になりますが、スキンケアの基本を押さえておくだけで脂性肌から脱出できる可能性が高まります。
この他にも今流行っている自宅でできるホームピーリング、毛穴パックなどの角質や角栓を取り除くようなスキンケアも脂性肌には大敵だったりします。
その理由は角質層にダメージを与えてしまうので皮脂の分泌を過剰に起こすことがあるのです。
間違ったスキンケアは脂性肌によりニキビを悪化させる場合もあり、更にニキビ跡がのこって色素沈着を起こしてしまう場合もあるのです。
そうなってしまったら早めに皮膚科を受診して正しいケアをしていくようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • エイジングケアお役立ちコラム
  • ラ・ミューテ美肌セット
  • 本気の美白
  • ワキ汗、汗ジミ
  • オーガニックホホバオイル
  • エイジングケアお役立ちコラム
広告
ページTOPへ

※当サイトに掲載している内容はあくまで当サイト運営者が独自にネットや他の書籍などを調べた内容を要約して独自の感想を交えながら掲載したものです。
情報の正確性について保証するものではありませんので予めご了承ください。