無添加化粧品って本当に敏感肌に最適?。おすすめの無添加化粧品、幹細胞コスメ比較ランキングなど。

無添加化粧品って本当に敏感肌に最適?

アメリカやヨーロッパで人気の無添加化粧品、最近になって日本でも注目を浴びており、敏感肌の方や肌に刺激を感じたり、吹き出物や大人ニキビなどお肌のトラブルが原因でスキンケアに無添加化粧品やオーガニック化粧品を探している、または既に使用されている方も多いのではないでしょうか。
しかし、実際に「無添加」や「オーガニック」、「自然派」などの化粧品は肌に優しく、敏感肌に良いのでしょうか?
「無添加」、「オーガニック」、「自然派」って何となく肌に優しいイメージがありますが正確にはどういう意味で本当に敏感肌に最適なコスメなのでしょうか?

知っていますか?化粧品における「無添加」の定義とは?

化粧品の無添加の定義は日本では特に明確な定義はなく各企業に委ねられています。
1%でも天然原料を使っていれば後の99%を化学成分を使用していても「自然派化粧品」であると謳うことも可能であったり、「無添加」と「完全無添加」と使い分けていたり企業によって解釈は様々です。
企業が販促のために謳う、「無添加」や「オーガニック」、「自然派」を「無添加だから安全」とか「自然派なので安心」と判断するのではなくその企業の解釈と自分の解釈が合致しているかを確認し、納得した上で購入、使用することが重要です。

広告

無添加の定義ではここを確認

当サイトがおすすめする無添加の定義は、下記の化学成分を使用せず天然原料のみで使用していることです。

●バラベンなどの石油由来の防腐剤
●タール系の合成着色料
●合成香料
●鉱物油由来成分
●石油系合成界面活性剤

2001年より化粧品は全成分表示が義務付けられていますので是非成分を確認してみてください。
2001年3月以前、薬事法によって「ごくまれにアレルギーなどの皮膚障害を起こすおそれのある成分」と定義される厚生省により選定された「旧表示指定成分」(102種)はこちらで確認できます。
自動チェックツールもありますので気になる商品の成分をコピペで入力してチェックしてみてください。

旧表示指定成分の確認はこちら

敏感肌の方へおすすめの無添加化粧品はランキング!

無添加化粧品でお悩みの方、当サイトではランキング形式でおすすめの化粧品をご紹介しています。
刺激がなく肌に優しい、少なくとも数ヶ月使用してみて何も肌トラブルのなかった化粧品のみです。
無添加化粧品のおすすめランキングページは下記のリンクからご確認ください。

無添加化粧品、比較ランキングはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

運営者プロフィール

名前KEIKO

年齢41歳

趣味ブログ、料理、子供と遊ぶ

美容系、エイジングケアのネタを研究しています!
常にアンテナをはって美を追求、情報発信します。
反響があるととても刺激になりますので応援してくださいね!

  • エイジングケアお役立ちコラム
広告
ページTOPへ

※当サイトに掲載している内容はあくまで当サイト運営者が独自にネットや他の書籍などを調べた内容を要約して独自の感想を交えながら掲載したものです。
情報の正確性について保証するものではありませんので予めご了承ください。