運動と美肌の関係。おすすめの無添加化粧品、幹細胞コスメ比較ランキングなど。

運動と美肌の関係

美肌を作るためには適度な運動が必要だと言われています。
実際に運動と美肌にはどのような共通点があるのでしょうか?

お肌のターンオーバーと運動の共通点

一般的にお肌のターンオーバーは28日周期と言われているのですが、この数字は20代の健康な女性を対象に出されたデータなのです。
子供の頃はまだ体のバランス調整がされていないので、よく転んだり遊んでいても傷をつくってしまいますが、気づいたらいつの間にか傷が治っていたという経験もあると思います。
この現象は子供が大人に比べてターンオーバーのサイクルが短いからなのです。
人は代謝が急降下するときは、古いものを体の外へと排出する機能も鈍ってしまいがちなので、体内に余分な老廃物が溜まってしまうのです。
ですのでその原因からシミやニキビなどがお肌に出ることもあります。
ターンオーバーのサイクルを上げることで、いつもお肌を美しく保つことができる運動で美肌を目指すことが可能なのです。
運動をすると人は交感神経が優位に働くので、そうすると血流も促進されるので体の隅々まで栄養が届きます。
このことからターンオーバーが活発になり、美しいお肌を手に入れられるのです。
そして美肌には同時に成長ホルモンも大切です。
成長ホルモンがよく出る時とは、睡眠時だと思っている人も多いと思いますが、適度な運動でも分泌されます。
日頃の運動不足でお肌の調子が悪いという方は、体をリラックスさせることで血行もよくなるストレッチから始めてみると良いと思います。

広告

成長ホルモンと美肌の関係

お肌に良いと言われる運動の中で特に有酸素運動は心肺機能を高める効果もあり、体内の血流を良くしてくれます。
そうすると皮膚細胞の再生に大事な栄養素や酸素を有利に運び出せるのでお肌の修復能力を高めてくれるのです。
運動することで定期的な発汗にもなり、毛穴詰まりを防ぎ、有害物質の排泄にも繋がると言います。
また汗の中の保湿成分が皮膚に潤いをもたせることもあるので肌のツヤやハリも出てくるのです。
運動すると成長ホルモンが出ますが、肌の修復や水分を保つためのコラーゲンを促進する働きだったり、弾力性を保つためのヒアルロン酸などの成分を促進する効果があるのです。
成長期から若い人の肌が弾力がありみずみずしい理由にはこの成長ホルモンが関わっていると言います。
しかし人は思春期を過ぎると成長ホルモンの分泌が急激に減少してしまいます。
成長ホルモンの減少と一緒に皮膚の水分も少なくなるので、弾力性が無くないシワやシミが目立つお肌になってしまうのです。
そのため成長ホルモンを増やす効果のある加圧トレーニングやウォーキングが女性の間で流行っているそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者プロフィール

名前KEIKO

年齢41歳

趣味ブログ、料理、子供と遊ぶ

美容系、エイジングケアのネタを研究しています!
常にアンテナをはって美を追求、情報発信します。
反響があるととても刺激になりますので応援してくださいね!

  • エイジングケアお役立ちコラム
広告
ページTOPへ

※当サイトに掲載している内容はあくまで当サイト運営者が独自にネットや他の書籍などを調べた内容を要約して独自の感想を交えながら掲載したものです。
情報の正確性について保証するものではありませんので予めご了承ください。