ダイエットによる肌荒れが起きないために。おすすめの無添加化粧品、幹細胞コスメ比較ランキングなど。

ダイエットによる肌荒れが起きないために

お肌は体内の状態で色々とコンディションが変動してきますが、荒れ方も様々です。
特にダイエットをしている女性に多いのですが、ダイエットによる影響で肌荒れが酷くなってしまうケースも・・・。
そんな肌荒れを回避する方法をご紹介します。

ダイエット中のスキンケア対策

綺麗なボディ作りのために痩せるためとは言ってもダイエット中は体に必要な栄養素が不足してしまうので何らかの影響も出てきます。
ダイエットをしていて肌荒れや便秘になってしまったというトラブルも珍しくないケースなのです。
もちろんお肌には様々な原因が重なって起きてしまうのですが、ダイエット中で起きてしまう肌トラブルはやはり栄養の偏りが一番影響しているのです。
例えばお肌には水分が必要なのですが、ダイエットにより、肌のバリア機能が弱まると水分も逃げてしまいがちなので、こまめに水分補給をしましょう。
お肌に水分がしっかり吸収するように常に水分は摂取しておいた方が良いかもしれません。
お肌にはヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンがその働きをよくしてくれると言われています。
スキンケアをする際はその成分が含む化粧水や美容液を使用することで、肌のバリアを守ってくれるのです。
また肌に刺激を与え過ぎるのもよくないので、ダイエット中のスキンケアは特に念入りに行いましょう。
肌バリアが弱まることで、いつもは問題なかったスキンケアもできなくなってしまう可能性があります。
お肌が敏感な時はなるべく添加物の少ない化粧水などでケアしましょう。

広告

ダイエット中の食事で肌荒れ予防

ダイエット中は食事のバランスも崩れお肌のコンディションも悪くなってしまう人が多いのではないでしょうか。
ダイエットではたんぱく質を減らす方法を取っている人もいますが、実はタンパク質を減らすことで肌荒れとなってしまいます。
たんぱく質は健康面でもとても大切な栄養素なので美しい髪の育成や綺麗で丈夫な爪を作る元でもあるのです。
ダイエットで運動している人は特にタンパク質は減りがちなのでどんどん摂取する必要があります。
魚類に多いたんぱく質を食事に取り入れることでお肌の修復も手伝ってくれますよ。
3食のおかずのうち1品に発酵食品や生ものを取り入れることでお肌の健康を助けてくれます。
発酵食品には味噌やキムチ、納豆などがありますが酵素を活性化してくれる大切な食材なのです。
生ものでは生野菜やサラダ、生卵、お刺身を食べるようにします。
痩せたいのでどうしても炭水化物を抜きたいと言う人は、便秘予防のために必ず食物繊維が多い食べ物を摂取しましょう。
果物や緑黄色野菜、イモ類を食べることで腸の働きが良くなります。
便秘になってしまったら、せっかくダイエットが成功しても肌荒れの原因となってしまうので残念ですよね。
これらの栄養素をバランスよく摂取することで、低カロリーな食事を取り入れながら行うダイエットで肌荒れ予防に繋がるのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者プロフィール

名前KEIKO

年齢41歳

趣味ブログ、料理、子供と遊ぶ

美容系、エイジングケアのネタを研究しています!
常にアンテナをはって美を追求、情報発信します。
反響があるととても刺激になりますので応援してくださいね!

  • エイジングケアお役立ちコラム
広告
ページTOPへ

※当サイトに掲載している内容はあくまで当サイト運営者が独自にネットや他の書籍などを調べた内容を要約して独自の感想を交えながら掲載したものです。
情報の正確性について保証するものではありませんので予めご了承ください。