薬効成分「アスコルビルグルコシド」の美白効果。【40代からのKEIKO流エイジングケア】

薬効成分「アスコルビルグルコシド」の美白効果2016.08.04

薬効成分「アスコルビルグルコシド」の美白効果

こわれやすいビタミンCを安定化・水溶化した薬効成分「アスコルビルグルコシド」

「アスコルビルグルコシド」(別名:アスコルビン酸グルコシド)は本来は非常に壊れやすいビタミンCを、壊れにくく変換することにより、肌への浸透率を高め、美白やシミ・そばかすの除去・軽減に効果を発揮します。
また持続性もアップし、安定した状態でお肌に長時間とどまることができるので、透明感のある白い肌へと近づけてくれます。
水溶性ビタミンC誘導体の中でも肌内部の持続性、メラニンを還元して漂白する作用ともに極めて優れた成分なのです。

アスコルビルグルコシドの特徴

  • 熱や酸化に弱いビタミンCを安全かつ浸透しやすいように作られたのが、ビタミンC誘導体「アスコルビルグルコシド」です。
  • 弱酸性処方でお肌の弱い方も安心。
  • 広告
  • 広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者プロフィール

名前KEIKO

年齢41歳

肌質乾燥肌、混合肌

趣味ブログ、料理、子供と遊ぶ

40代になってエイジングケアにハマってます(^^)
実際に気になるコスメを色々試してレビューしてます!反響があるととても嬉しいです!応援してくださいね!

  • エイジングケアお役立ちコラム
広告
ページTOPへ

カテゴリ

※当サイトに掲載している内容はあくまで当サイト運営者が独自にネットや他の書籍などを調べた内容を要約して独自の感想を交えながら掲載したものです。
情報の正確性について保証するものではありませんので予めご了承ください。