化粧品に配合される「シンエイク」は本当にシワに効くの?。【40代からのKEIKO流エイジングケア】

化粧品に配合される「シンエイク」は本当にシワに効くの?2016.12.09

化粧品に配合される「シンエイク」は本当にシワに効くの?

化粧品に配合されるシンエイクとは?

シンエイクとは「ヨロイハブ」という蛇の神経毒を参考に作られた人工の成分、疑似蛇毒です。
化粧品に配合されるシンエイクはこの蛇の毒の筋肉の麻痺、弛緩作用を利用してシワを伸ばすというものです。
本物の蛇の毒ではなく、人工の成分ですので現在のところ副作用などは確認されていないようです。
2006年にはスイス・テクノロジーアワード賞を受賞したシンエイク、開発したペンタファーム社もその効果を実証し、検証データを公開していました。

シンエイク化粧品のシワへの効果は?

シンエイクの原料メーカーが公開していた試験データによると1日2回、28日間使用して、52%のシワが改善され、確かにシワが薄くなるような効果が確認されたとあります。
しかし、毒の蛇の弛緩作用を利用したシワ改善(?)なので、一時的(原液なら10時間程度)にシワの周りの筋肉を緊張、麻痺させて伸ばしているだけで、お肌が若返っているわけではなく根本的なシワの改善にはなっていないのでは?と疑問が残ります。
アンチエイジング(お肌の若返り)の観点からするとシンエイクには「効果がある」と表現するには少し違うのかもしれません。

しかし、その特筆すべき即効性は大変魅力的です。シンエイクのみを使用するのではなく、他のエイジング効果のある美容成分、肌老化の原因とされる乾燥を長時間防ぐ保湿成分(ビタミンC誘導体、セラミドなど)や細胞増殖の成長因子を作り出す幹細胞エキスなどを併用したスキンケアで今のお肌もこれからのお肌もケアできるような使い方が理想的です。
今現在のお肌の短期的なシワのケアにはシンエイクを使い、お肌の根本を改善、保護するために幹細胞エキスを併用するという使い方がいいでしょう。

シンエイクの即効性を試してみたい方はこちらのページで紹介しているシンエイク配合コスメも参考にしてみてださいね。

マッシュアップ社の「JFエッセンスS.A」はシンエイクが「原液」で配合され、他の美容液にプラスで部分使いするとコスパもいいのでオススメです。

  • 広告
  • 広告
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

運営者プロフィール

名前KEIKO

年齢41歳

肌質乾燥肌、混合肌

趣味ブログ、料理、子供と遊ぶ

40代になってエイジングケアにハマってます(^^)
実際に気になるコスメを色々試してレビューしてます!反響があるととても嬉しいです!応援してくださいね!

  • エイジングケアお役立ちコラム
広告
ページTOPへ

カテゴリ

※当サイトに掲載している内容はあくまで当サイト運営者が独自にネットや他の書籍などを調べた内容を要約して独自の感想を交えながら掲載したものです。
情報の正確性について保証するものではありませんので予めご了承ください。