口元やおでこ、目尻、ほうれい線などの表情ジワ(笑いジワ)を消すには?。おすすめの無添加化粧品、幹細胞コスメ比較ランキングなど。

口元やおでこ、目尻、ほうれい線などの表情ジワ(笑いジワ)を消すには?2017.10.13

口元やおでこ、目尻、ほうれい線などの表情ジワ(笑いジワ)を消すには?

あなたのお手入れ大丈夫?エイジングケアにはまず自分の肌を知ることが大事!

多くの女性を悩ませる「シワ」「たるみ」「シミ」「くすみ」...。これらのお肌の悩みは老けて見られる原因にもなり、いつまでもキレイでいたい女性にとって、大きなハードルになってしまいます(T_T)そこで大事になってくるのが「エイジングケア」!
でもエイジングケアって何をすればいいんでしょうか?エイジングケアといっても何か特別なコトをしなければいけない、というわけではありません。ポイントは、自分のお肌の状態をきちんと把握して、最適なケアをするというコト。もちろん保湿など基本のスキンケアは重要ですが、それだけでは効果が実感できない場合もあるんです!
特に一番顔の印象を左右する「シワ」のケアには要注意。「シワ」には種類があり、それぞれできる原因が違うため、シワの種類に合ったケアが必要になってくるんです!
シワの種類には、ちりめんじわ・ほうれい線・笑いジワ・大ジワなどいくつか種類がありますが、大まかに言うと「小ジワ」「真皮ジワ」「表情ジワ」この3つ。

自分のシワの種類を知って、その原因を取り除くケアをすることが、シワ改善につながるんです!\(^o^)/今回は3つのシワのうち「表情ジワ」のケアをご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいo(^_^)o

一番の強敵!? 表情ジワは改善できる?

「笑いジワ」とも呼ばれることもある「表情ジワ」は、その名の通り、いろいろな顔の表情によって作られるシワ。おでこや眉間、目尻などにできやすく、真皮ジワと同じで改善がムズカシイとされています(*_*)
人の表情は表情筋によって作られ、そのつどシワができます。普通ならすぐに元に戻りますが、年齢とともに表情筋が衰え、コラーゲンやエラスチンなどが減少し、肌の潤いや弾力がなくなってくると、表情によってできた一時的なシワが元に戻らず、そのまま肌に刻まれてしまうんです!これが表情ジワの正体。
表情ジワは、長年の「表情のクセ」によって、同じ場所に何度も何度も繰り返し力が加えられたことでできるため、スキンケアだけではなかなか改善されないやっかいモノ。でも効果が期待できる対策もあるんです!それは...

  • 同じ表情ばかりしないように気を付ける
  • 表情筋のトレーニングをする
  • 保湿力の高いスキンケア化粧品を使う

大まかにこの3つ。表情ジワを作らないための対策と、シワを定着させないようにお肌の潤いを保つように心がけるコト。これが改善のためのポイントです!
では具体的にはどうすればいいのか、少しだけご紹介しますねo(^_^)o

「表情のクセ」がシワを作る!?

表情ジワができる主な原因が「表情のクセ」。同じ表情ばかりしていると、同じところに何度も繰り返し力が加わってしまい、それが元でシワができてしまうんです(´Д`;)
肌に充分な潤いとハリがあるうちはいいのですが、年齢を重ねれば、それをキープしていくのも大変(>_<)まだ若いし大丈夫~♪なんて油断していると、いつの間にかシワができていた...なんてことにもなりかねませんよ!
自分のクセって案外自分では気づかないモノですよね?表情グセも同じ。何かに集中している時や不快なことがあると眉間にシワがよってしまう、考え事をしていて上目使いになった時や、マスカラを塗っている時におでこにシワがよってしまう...などなど、何気ない行動の中にシワを作る表情グセが隠れています。
なかなかムズカシイですが、なるべく意識して同じ表情ばかりしないように気を付けましょう。(^_^)

広告

顏の筋トレ!表情筋トレーニング

表情ジワに効果が高いとされているのが「表情筋トレーニング」。衰えた表情筋を鍛えることで、シワ予防+シワが目立たなくなる可能性があるんです!筋肉は年齢を問わず鍛えることができるそうで、それは顔の筋肉も同じ。
人に見られるとちょっと恥ずかしい(///ω///)トレーニングもありますが、家族や彼氏には内緒で、コッソリ鍛えてキレイになりましょ~(^_^)/

目元のたるみやシワに効くトレーニング

目の周りの筋肉(前頭筋・眼輪筋)を鍛えるトレーニング。目の周りの緊張もほぐれ、スッキリしますよ♪

トレーニング(1)

  • まず目を閉じ、ギュッと力を入れて目をつぶります。この状態で5秒ほどキープ。
  • その後、目を思いっきり大きくパッと開きます。眉毛を上に持ち上げるイメージで。
  • 1.2.を交互に5~10回繰り返します。

トレーニング(2)

  • 両目を思いっきり開きます。次にゆっくりと目を閉じ、閉じたらギュッと目をつぶります。
  • その後、片方の目だけ大きく開けて、もう片方の目はギュッと閉じます。
  • 反対側の目も同じように片方は開けて、片方は閉じて、これを3~5回繰り返します。

口元のたるみやシワに効くトレーニング

口の周りにある筋肉(口輪筋)を鍛えるトレーニングです。口元のシワは老けて見える原因の一つ。しっかり鍛えましょう!

トレーニング(1)

  • 舌で小鼻を押すように、口の中で舌を回転させながら動かします。ほうれい線をなぞるイメージで。
  • ほうれい線に沿って、左下→上→右下→下と舌を動かしていきます。
  • 1回転したら今度は逆方向(右下→上→左下→下)に舌を動かします。ほうれい線をしっかり伸ばすことを意識して、左右ともに5回ずつ行います。

トレーニング(2)

  • 「いー」と言いながら、口を大きく横に開きます。この状態で5秒ほどキープ。
  • 次に「うー」と言いながら、口をすぼめます。これも5秒ほどキープ。
  • 1.2.を交互に、5~10回繰り返します。

顔全体のたるみに効くトレーニング

顔全体のたるみが気になるときに。顔の血行も良くなりますよ(^_^)

  • 頬をできるだけ大きく膨らませます。これで5秒ほどキープ。
  • 次に口をすぼめて頬をへこませます。
  • その後、片方の頬だけ膨らませて、これも5秒ほどキープ。今度は反対側の頬だけ膨らませて、その状態で5秒キープ。この一連の動作を5~10回繰り返します。

やっぱり保湿は大事!スキンケア化粧品で肌の形状記憶能力をUP!

表情ジワは「スキンケアだけでは改善されない」と言いましたが、スキンケアに効果がないというわけではないんです。
表情ジワは、表情グセによって肌に刻み込まれたシワが、年齢を重ねてコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などが減少することで元に戻らなくなってしまったモノ。
表情に気を付けたり、表情筋トレーニングをしても、肌の弾力を保つ成分が失われたままだと、効果が出にくくなってしまいます。(´Д`;) 

コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などは、肌の潤いや弾力、ハリを保つ大事な美肌成分。これらが十分に備わっていれば、少々のシワはすぐ元に戻ります。いわば「お肌の形状記憶成分」とも言えますね(^о^)/
スキンケア化粧品は、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸が入っていて、その生成や増加を助ける働きのある「ビタミンA誘導体」「ビタミンC誘導体」「プラセンタ」「フラーレン」も含まれている、保湿力の高いモノを選びましょう。

広告

表情ジワは長い間に積み重ねられてできてしまった、ちょっと面倒なタイプのシワですが、まったく改善されないというわけではありません。
時間はかかるかもしれませんが、日々のちょっとした気遣いや努力で、明日のお肌が変わるかも...!いつもの表情や顔の筋トレなど、意識して生活するだけでも違うハズ。私もあきらめずにケアしていこうと思います。(*´-`*)

表情ジワにおすすめのスキンケア化粧品はこれ!

前述したように表情ジワには、肌の潤いや弾力、ハリを取り戻す、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸など形状記憶成分で潤いを補って逃さないようにすることが重要です。
次にこれらの成分を配合したオススメのスキンケア化粧品をご紹介します。

  • 1位ラメラエッセンスC(株式会社ビューティ・ミッション)

    驚異の保水力を持つ生コラーゲンが23兆個も配合された美容液!

    角質層の「ラメラ構造」の乱れに着目したこの「ラメラエッセンスC」は目元、口元、ほうれい線周りのシワをケアする、世界初のフェイス生コラーゲンを配合しています。
    加水分解コラーゲンの600倍の保水力があるとされる「生コラーゲン」はごく少量でも潤いを実感できます。
    保水と美肌に欠かせない「ヒアルロン酸」、「エラスチン」に加え、「ビタミンC配糖体」も配合されています。
    とにかく、表情ジワや乾燥小じわなどのケアにこの保水力はとてもいいんです。
    もちろん界面活性剤、鉱物油、香料、着色料、防腐剤など全て無添加です。
    トライアルセットもあるので、気になる方は一度試してみてくださいね!

    トライアルセット価格: 1,080円(税込)

    「ラメラエッセンスC トライアルセット」の購入はこちらのページからがお得。

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

運営者プロフィール

名前KEIKO

年齢41歳

趣味ブログ、料理、子供と遊ぶ

美容系、エイジングケアのネタを研究しています!
常にアンテナをはって美を追求、情報発信します。
反響があるととても刺激になりますので応援してくださいね!

  • エイジングケアお役立ちコラム
広告
ページTOPへ

カテゴリ

※当サイトに掲載している内容はあくまで当サイト運営者が独自にネットや他の書籍などを調べた内容を要約して独自の感想を交えながら掲載したものです。
情報の正確性について保証するものではありませんので予めご了承ください。