顔のシワの種類と原因、その対策は? 効果的な化粧品は?。【40代からのKEIKO流エイジングケア】

顔のシワの種類と原因、その対策は? 効果的な化粧品は?2017.09.11

顔のシワの種類と原因、その対策は? 効果的な化粧品は?

シワもいろいろ。種類によってケアも変わる!

毎日、鏡を見るたびブルーにさせる「顏のシワ」。年齢のせいとわかっていても、この憎~いシワをなんとかしたい(>_<)って、思ってる人は多いはず。もちろん私もその一人。
この女性を悩ませる大問題「シワ」ですが、実はいろんな種類があるって知ってますか?
よく耳にするのは「小ジワ」や「ちりめんジワ」「ほうれい線」など。
シワに種類があるのは、それぞれシワができる原因が違うから。
裏を返せば「シワの種類を知ってその原因を取り除く」=「シワの種類に合わせたケアをする」ようにすれば、普通にケアするよりエイジングの効果があるってことなんです!

そこで、今回はエイジングケアのポイントにもなる「シワの種類」をご紹介します。
知ってるようで意外と知らないこともあるので、きちんと知ってベストなケアに役立てましょ~!

シワは大きく分けて3種類。原因もそれぞれ違う!

シワは皮膚のどの部分にできるかで種類が変わってくるので、シワの種類を知る前にまず「皮膚の構造」をお勉強しましょう(´∀`)

人の肌は簡単に言うと、肌の表面(一番外側の部分)から表皮→真皮→皮下組織の3層構造。さらにこの皮下組織より深いところに表情を作る『表情筋』があります。(*゚ω゚)フムフム

「シワの原因」=「シワがどこにできているか」、を知ってシワの種類ごとにアプローチを変えるのが、シワ対策のミソってとこかな?

広告

ではでは本題のシワの種類。
シワは大きく分けて

  • 『小ジワ(ちりめんジワ)』
  • 『真皮ジワ(大ジワ・ほうれい線』
  • 『表情ジワ(笑いジワ)』

この3つ。どれも一度は聞いたことあるハズ。
それくらい女性にとってシワは大問題ってコトなんです。

お肌の乾燥が原因の「小ジワ」(ちりめんジワ)

まず「小ジワ」は、その名の通り小さくて細かいシワで、目尻や口元などの皮膚が薄いところにできやすいシワ。
細かくちりめん状にできる「ちりめんジワ」も、この小ジワの1種です。
皮膚の浅いところにできるので、シワを指で押し広げると消えてしまうし、乾燥が原因なので、お風呂上りやクリームを塗ったりして保湿された状態だと、これもまた消えちゃいます(;゚-゚)

小ジワの大きな原因は『乾燥』なので、年齢に関係なく若い女性にもできたりします。
若いからって油断は禁物!

でも、小ジワは皮膚の浅いところ(=表皮)にできる、乾燥が原因のシワだから保湿するだけで、数あるシワの中でも、一番改善しやすいシワなんです!
たっぷりお肌にうるおいを与えて、そのうるおいを逃がさないように『肌のバリア機能』を高めること、これが小ジワケアの重要ポイント!
小ジワの悩みなら、乾燥対策をしっかりするだけで、比較的簡単にシワが改善するかもしれませんョ♪

小ジワ対策については下記もご覧ください。
乾燥小ジワのスキンケア対策

加齢による「真皮ジワ」

次に「真皮ジワ」。これは老化によって肌の弾力がなくなり、皮溝(肌のキメ)が深くなったもの。「大ジワ」と呼ばれたりもします。
真皮ジワは、おでこや鼻から口の横(いわゆるほうれい線)、上まぶたのくぼみなどにできやすいシワ。
小ジワと違い、しっかり保湿しても消えることはありません(>_<)

本来、健康な肌は真皮が表皮をしっかり支えることで「肌のハリ」が生まれ、シワのない美しい肌を保っています。
ところが、コラーゲンやエラスチンが減ってしまった真皮は、表皮を支えきれずに「くぼみ」ができてしまった状態。この「くぼみ」が『真皮ジワ』なんです。
この肌のハリに必要なコラーゲンやエラスチンの変化は、実は加齢よりも紫外線の影響の方が大きいんですって。

老化といっても年齢を重ねたことだけでなく、長年浴び続けた「紫外線」の方が問題なんですね(;_; )
真皮ジワを増やさない&改善するには、しっかりと紫外線対策をして、保湿などの基本のスキンケア+肌の奥深くにあるコラーゲンやエラスチンに作用するケアが大事ってコトですね。

真皮ジワの対策については下記もご覧ください。
深い真皮のシワ対策

笑いジワとも言われる「表情ジワ」

最後に「表情ジワ」。
これは笑う、泣く、怒るなどの表情が元でできるシワ。笑った時にできやすいので「笑いじわ」と呼ばれることもあります。
表情ジワは目尻・眉間・おでこや両目の間の鼻の付け根部分などにできやすいシワです。
確かに表情を作る時に動くところばかりですね。

真皮や皮下組織よりさらに奥深いところにある「表情筋」の収縮が元でできるシワなので、真皮ジワのように普通のスキンケアだけでは改善されない、なかなか手ごわいシワでもあります(;¬_¬)

さらにさらに、表情ジワは長年の表情の「クセ」がそのままシワになったようなもの。
加齢でコラーゲンやエラスチンが減ってくると、どんどんシワが深く固定されて戻らなくなってしまいます!(@_@;)
予防のためには同じ表情ばかりしないように気を付けたり、顔のエクササイズをするのが効果的ですョ。

表情ジワの対策については下記もご覧ください。
口元やおでこ、目尻、ほうれい線などの表情ジワ(笑いジワ)を消すには?

広告
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

運営者プロフィール

名前KEIKO

年齢41歳

肌質乾燥肌、混合肌

趣味ブログ、料理、子供と遊ぶ

40代になってエイジングケアにハマってます(^^)
実際に気になるコスメを色々試してレビューしてます!反響があるととても嬉しいです!応援してくださいね!

  • エイジングケアお役立ちコラム
広告
ページTOPへ

カテゴリ

※当サイトに掲載している内容はあくまで当サイト運営者が独自にネットや他の書籍などを調べた内容を要約して独自の感想を交えながら掲載したものです。
情報の正確性について保証するものではありませんので予めご了承ください。