オーガニック化粧品によるスキンケア。オススメの無添加化粧品、幹細胞コスメ比較ランキングなどご紹介。

オーガニック化粧品によるスキンケア2016.02.07

オーガニック化粧品によるスキンケア

オーガニックコスメは肌に優しそう、敏感肌でも安心して使用できそうなど漠然としたイメージをもっていないでしょうか?
オーガニックコスメとはどういうものなのかをご紹介します。

オーガニックコスメとは?無添加化粧品と何が違う?

オーガニックコスメとは野菜でいえば無農薬野菜と同じこと。つまり人工的な成分を使わずに天然成分のみで作られたコスメのことです。
「オーガニックコスメ」=「肌に良い」という考え方は注意が必要で、天然成分には様々なアレルギーが起きる可能性もあるので自分の肌に合うかがとても重要になってきます。

次に無添加化粧品ですが人工成分、つまり人工添加物が配合されていない化粧品ということです。
「無添加」=「肌に良い」という考え方も注意が必要で、無添加ということは防腐剤なども入っておらず腐りやすくなりますので保管や管理にはとても注意が必要なのです。

つまり、「オーガニック」、「無添加」のコスメなら何でも安心というのではなく管理には十分注意し、自分の肌に合うかどうかが重要になってくるのです。

広告

また、日本では「オーガニックコスメ」、「無添加コスメ」の明確な定義がなく、各化粧品メーカーに委ねられているのが現状ですので、「オーガニック」、「無添加」だからといって自分の認識とは異なる基準で成分が配合されているケースもありますので、必ず使用前に成分のチェックは必要です。
無添加化粧品、オーガニック化粧品の違いやその定義についてはこちらもご覧ください。

オーガニックコスメの上手な使い方

美肌を手に入れるためには洗顔(スキンケア)から始める方が多く、その中で比較的肌の弱い方、敏感肌の方はオーガニック石鹸やオーガニックコスメを使ったスキンケアがを好む方が多くなってきました。
日本に輸入されているコスメはどちらかというとドラックストアやオーガニック製品、オーガニックサプリメントを取り扱うショップではあまり見かけないブランド志向の強いオーガニックコスメが多いですよね。
最近では日本でもオーガニックコスメで美肌ケアをしている女性が多くなり、コスメもの種類も様々なものが出てきました。
化粧水や美容液でも100%天然由来原料のものなど、加齢を感じ始める肌の乾燥、酸化、バリア機能の低下に効果的なコスメもあります。
オーガニックや無添加コスメ、石鹸は敏感肌の方や肌が弱い方にとって本当に最適な選択なのでしょうか。
(※「オーガニック」と「無添加」の意味は厳密には異なります。)

洗顔ではしっかり洗うというイメージがあると思いますが、実はこれが乾燥肌や敏感肌の原因や悪影響となる場合があり、洗顔で一番気を付けることは洗い過ぎないことです。
お肌に良いはずの洗顔自体がお肌に負担をかける場合も多く、あまり神経質にならずに肌を傷つけず、メイクや汚れだけを落とすような洗浄が重要です。
オーガニック石鹸は刺激が少ないとされ、お肌に優しい成分でできているとされていますが、安心して逆に洗顔のやり過ぎなどで肌荒れが生じるケースも実は多いんです。
洗顔が終わった後、基礎化粧品でスキンケアをするタイミングも大切で、特に寒い冬場、空気が乾燥する季節は化粧水のタイミングはとても重要です。
洗顔後や入浴後は皮脂膜というお肌の外側のバリアを洗い流すことになるので、無防備になった状態のお肌は水分が急激に奪われやすくなります。
そのため入浴や洗顔が終わったらすぐに基礎化粧品、高保湿な化粧水などでお肌を保護するようなスキンケアを行いましょう。

広告

また、効果も当然大切ですが、使用感を試すことも大切で、使ってみて心地よい使用感が得られること、お肌に合っていて自分でも安心して使用できると思えること、つまりオーガニックコスメの場合、ストレスなく使用できることも大切です。
オーガニックコスメの使い方は洗顔後にブースターとしてドライケアオイルを肌に伸ばしていくような使い方が良いです。
普通のスキンケアとは少し手順が違いますが、こうすることで肌が柔らかくなったり、次に使う乳液やクリームの浸透力が変わってきます。
ファンデーションの毛穴の汚れが落ち、お肌の乾燥による皮脂分泌も抑制でき、ツルンとしたお肌になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
  • エイジングケアお役立ちコラム
  • ラ・ミューテ美肌セット
  • 本気の美白
  • ワキ汗、汗ジミ
  • オーガニックホホバオイル
  • エイジングケアお役立ちコラム
広告
ページTOPへ

カテゴリ

※当サイトに掲載している内容はあくまで当サイト運営者が独自にネットや他の書籍などを調べた内容を要約して独自の感想を交えながら掲載したものです。
情報の正確性について保証するものではありませんので予めご了承ください。