化粧品に配合されたハイドロキノンは効果ある?。オススメの無添加化粧品、幹細胞コスメ比較ランキングなどご紹介。

化粧品に配合されたハイドロキノンは効果ある?2016.02.07

化粧品に配合されたハイドロキノンは効果ある?

美白成分としても知られているハイドロキノンですが実際にお肌への効果はあるのでしょうか?
化粧品などにも使われるハイドロキノンの優れた効果や注意点を見てみましょう。

美容成分ハイドロキノンの効果

ハイドロキノンとは植物のイチゴやコーヒー、胚芽などに含まれる天然成分からできています。
ハイドロキノンは還元作用があるのでゴムの酸化防止剤や写真の現像などにも活躍してきました。
そんなハイドロキノンですが、美容部門でも活躍していて、特にお肌のシミやシワの原因になるメラニンを抑制する働きがあり、その数を減らすことも可能なのです。
還元作用とは何かと言うと、酸化を抑える働きを指すのですが、人間の体は年々年と共に老化現象が起こり、色んな場所に不調が出てきますが、これも体が酸化することで起こってしまいます。
すでにアメリカではハイドロキノンはポピュラーな美容成分として知れ渡っているのですが、日本ではまだ管理の難しさから医師の処方などで使用できるものだったのです。
しかし薬事法の規制緩和によって化粧品にもハイドロキノンを使用できることになり、一気に日本の女性の目に留まったのです。
ハイドロキノンにはシミの原因とされるメラニンを生成する酵素チロジナーゼの働き弱める作用と、メラニン色素を生成するメラノサイトに直接働きかけることでシミ自体を減少させる効果があると今注目を浴びているのです。

広告

ハイドロキノンの化粧品を使用する際の注意点

ハイドロキノンは特に美白効果に対して優れた効果を持つ成分ですが、その分刺激も強いこともあり、個人差はありますが人によっては肌が炎症を起こしてニキビやかゆみ、かぶれが起こることもあるので注意しましょう。
もしも薬局や百貨店でハイドロキノンが配合された化粧品を購入する際は、事前にパッチテストなどを行うと安心だと思います。
特に肌が敏感な方でなくても化粧品で肌トラブルがなかった方でもハイドロキノンを使用する前はパッチテストをした方が良いとされています。
またハイドロキノンが含まれる化粧品を使う時は紫外線対策をしっかりと行い、日焼け止めを塗るようにしてください。
その理由はハイドロキノンによりメラノサイトの働きが弱まると肌の細胞を守るものが無くなるので、肌は紫外線でダメージを受けてしまうため、肌の老化に繋がる場合があるのです。
女性の場合は夏以外でも日焼け止めを塗っている人が多いと思いますので、この点は問題ないと思います。
そして紫外線カット効果が高いフェイスパウダーやパウダーファンデーションを使用してメイク直しもこまめに行うと良いと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • エイジングケアお役立ちコラム
  • ラ・ミューテ美肌セット
  • 本気の美白
  • ワキ汗、汗ジミ
  • オーガニックホホバオイル
  • エイジングケアお役立ちコラム
広告
ページTOPへ

カテゴリ

※当サイトに掲載している内容はあくまで当サイト運営者が独自にネットや他の書籍などを調べた内容を要約して独自の感想を交えながら掲載したものです。
情報の正確性について保証するものではありませんので予めご了承ください。