世界で注目される抗酸化成分、「フラーレン」とは。オススメの無添加化粧品、幹細胞コスメ比較ランキングなどご紹介。

世界で注目される抗酸化成分、「フラーレン」とは2016.02.07

世界で注目される抗酸化成分、「フラーレン」とは

あまり馴染みの少ないフラーレンですが、1996年にノーベル化学賞を受賞した成分として美を追求する世界中の女性の間で注目されているのです。
そんなフラーレンと美肌の関係ってなんでしょうか。

フラーレンとは?

フラーレンとはダイヤモンドと同じ炭素から作られる物質でとても小さいサッカーボールのような形をしている成分なのです。
このフラーレンの発見者はノーベル化学賞を受賞しているため、たちまち世界中から注目を集めました。
特にフラーレン化粧品は一気に人気が出てきて美容雑誌やテレビでも紹介されています。
フラーレンの最大のメリットは抗酸化力です。
なんとビタミンCの約172倍と言われており抗酸化力で老化現象の原因となる活性酸素を無害化することが分かっています。
強力な抗酸化力を持っているので低刺激で世界中の美容業界から注目されていますが、日本ではほとんどの美容皮膚クリニックでも活用されています。
また医療業界向けに研究開発も行われているほど人気の高い成分なのです。
お肌の老化の要因となる活性酸素をフラーレンによって除去する力があり、その特長は抗酸化力がとても強く守備範囲が広いため安全面でも信頼がおけるのです。
抗酸化剤そのものは、はるか昔からその効果が注目されているのですが、その中でも良く知られているのはビタミンCです。
フラーレンの抗酸化力は普通のビタミンCの約170倍ほどなので、紫外線などの日光を浴びると、体の反応により活性酸素が発生してメラニンの増加や皮脂の酸化に繋がってしまいます。
ですからこの活性酸素の発生を抑えることで、老化現象の進行を完全に止めることが出来ると言われています。

広告

1996年ノーベル賞受賞。世界で注目される持続性のある抗酸化成分、「フラーレン」

フラーレンは日焼けや老化の原因になる活性酸素を抑制し、吸着して無害化することで、お肌を常に健康な状態にし、日焼けによるシミ・そばかす、皮膚の乾燥に効果を発揮します。
また毛穴引き締め効果、保湿作用、セルライトの生成抑制、細胞の壊死防御効果などもあります。

「フラーレン」の特徴

  • フラーレンの抗酸化作用はビタミンCの172倍!
  • 活性酸素を除去することでメラニンの生成も抑制
  • コラーゲンの生成促進効果は、プラセンタエキスの800倍!

フラーレン製品の選び方

ではそんなフラーレン配合の化粧品選びはどのようなポイントを押さえれば安心でしょうか。
皮膚に馴染みやすく美肌効果を最大限に引き出せるフラーレンは配合量1%以上が必要とされ、その基準を満たしている化粧品にはラジカルスポンジというマークが表示できます。
このラジカルスポンジマークが表示された化粧品であればフラーレンの効果、品質や信頼性が高いので安心だと思います。
安心という理由には化粧品原料として化粧品工業会に登録されているので気になる副作用がないことで知られています。
中にはニセモノだったり、品質が低い(配合はされているものの効果のある濃度ではない)ものもありますので、このマークが表示されているか必ず確認してください。
つまりフラーレンに関してはこのラジカルスポンジマークがついている化粧品が安心安全という事になります。
化粧水や美容液には表示されているけれど、一緒に使用している洗顔剤など、一部商品には付いていないケースもあるようなので、美白効果に特にこだわる方はライン使いしている商品すべてをチェックしてみるといいでしょう。
そして配合されているフラーレンの品質を選ぶ上で開発者を確認するのも重要なポイント。
例えばドクターズコスメやメディカルコスメと呼ばれているものは開発者自らがその品質の効果を実証済みで、証明されている化粧品はある程度信頼性が高いと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
  • エイジングケアお役立ちコラム
  • ラ・ミューテ美肌セット
  • 本気の美白
  • ワキ汗、汗ジミ
  • オーガニックホホバオイル
  • エイジングケアお役立ちコラム
広告
ページTOPへ

カテゴリ

※当サイトに掲載している内容はあくまで当サイト運営者が独自にネットや他の書籍などを調べた内容を要約して独自の感想を交えながら掲載したものです。
情報の正確性について保証するものではありませんので予めご了承ください。