水溶性保湿成分「プロテオグリカン」とは?。オススメの無添加化粧品、幹細胞コスメ比較ランキングなどご紹介。

水溶性保湿成分「プロテオグリカン」とは?2016.08.04

水溶性保湿成分「プロテオグリカン」とは?

「皮膚の保湿」や「新しい細胞を作り出す」成分

多くの美容効果が期待される「プロテオグリカン」は、世界中の研究者が注目しています。
昔は牛の気管軟骨からごく少量のみしか取り出せずに、とても貴重で、1g何千万円もするほど高価でしたが現在では鮭の鼻軟骨(氷頭)から簡単に抽出することができるようになり安価になってきました。
現在確認されている、主な働きとして「優れた保湿力」、「細胞再生力(ターンオーバー)の活性」、「ヒアルロン酸の結合力の高さ」などが確認されています。
保湿力に関してはヒアルロン酸に勝るとされ、肌荒れなどの肌トラブル、肌老化の原因とされる水分を蓄える保湿力はとても優れている成分です。
肌老化の原因とされるターンオーバーの衰えにも効果的で細胞の新陳代謝を促進し、細胞活性力を高め、シワやシミ、ハリや潤いの改善も期待できます。

広告

「プロテオグリカン」の特徴

  • コラーゲン線維の間にあり、水分や栄養素を蓄え、肌にハリや弾力を与えるウォーターバッグの役割をしています。
  • 表皮細胞の増殖促進し、色素沈着を改善。
  • ヒアルロン酸の1.3倍の保水力で真皮細胞の潤いを保ちます。
  • 整肌成分EGFと同様の作用をします。(EGF様作用)
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
  • エイジングケアお役立ちコラム
  • ラ・ミューテ美肌セット
  • 本気の美白
  • ワキ汗、汗ジミ
  • オーガニックホホバオイル
  • エイジングケアお役立ちコラム
広告
ページTOPへ

カテゴリ

※当サイトに掲載している内容はあくまで当サイト運営者が独自にネットや他の書籍などを調べた内容を要約して独自の感想を交えながら掲載したものです。
情報の正確性について保証するものではありませんので予めご了承ください。