コラーゲンは浸透しない?ということは美肌効果はないの?。オススメの無添加化粧品、幹細胞コスメ比較ランキングなどご紹介。

コラーゲンは浸透しない?ということは美肌効果はないの?2016.01.26

コラーゲンは浸透しない?ということは美肌効果はないの?

コラーゲンは美肌に良いとよく聞きますが、それは肌の表皮の奥の真皮層の約70%がコラーゲンで構成されており、肌のハリやうるおい、弾力を維持するためには重要な成分であることから肌にコラーゲンを補給してやることで若々しい肌を保てるということです。
コラーゲンは口から摂取したり、注射や基礎化粧品としてスキンケアで肌表面に塗る方法などがありますが、本当に肌にコラーゲンが浸透し、美肌に貢献しているのでしょうか?

コラーゲンは肌には浸透しない

コラーゲンはたんぱく質の一つで分子量が大きく皮膚表面の角質層を通過できません。つまり「浸透」はしないのです。
化粧品に求められるコラーゲンの役割は浸透するのではなく保湿にあります。
皮膚の奥の真皮層の繊維層を構成する一つがコラーゲンです。肌の弾力性や栄養、健康な肌を支えるために必要です。
潤いのある若々しい肌を保つためには食事による栄養でコラーゲン繊維層が作られる速度よりも壊される速度が速くならないようにすることです。

広告

また、余談ですが美肌のためにコラーゲンボールなどを料理に入れたりすることが流行った時期がありましたが口から摂取したコラーゲンが肌に運ばれることはなく、カロリーも高いので肥満のリスクが高まるだけで、美容効果は期待できません。(低分子コラーゲンであれば体内で分解されずに体内から肌へ運ばれるコラーゲンのまま吸収される可能性があるとされている情報もありますが証明されていません。)

コラーゲンは肌に浸透させるのではなく肌に膜を作ってダメージから肌を守る

コラーゲンは肌に浸透させ真皮層へ運ぶことはできませんが肌表面に高分子の膜を張ることで保湿効果を高め乾燥から肌を守り、シワができにくい肌にすることができます。

肌に浸透する低分子コラーゲン(コラーゲンペプチド)とは?

コラーゲンは分子量が大きく、表皮を通過できないと前述しました。
コラーゲンを加水分解して低分子化したコラーゲンを低分子コラーゲン「コラーゲンペプチド」といい、このコラーゲンペプチドの分子量は表皮を通過できるくらい小さく真皮層までコラーゲンを運ぶことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
  • エイジングケアお役立ちコラム
  • ラ・ミューテ美肌セット
  • 本気の美白
  • ワキ汗、汗ジミ
  • オーガニックホホバオイル
  • エイジングケアお役立ちコラム
広告
ページTOPへ

カテゴリ

※当サイトに掲載している内容はあくまで当サイト運営者が独自にネットや他の書籍などを調べた内容を要約して独自の感想を交えながら掲載したものです。
情報の正確性について保証するものではありませんので予めご了承ください。