毛穴や角栓もスッキリ! 酵素洗顔でエイジングケア。。【40代からのKEIKO流エイジングケア】

毛穴や角栓もスッキリ! 酵素洗顔でエイジングケア。2017.11.09

毛穴や角栓もスッキリ! 酵素洗顔でエイジングケア。

あなたは「酵素洗顔」って知ってますか?
酵素の力を使って、通常の洗顔料では落としきれない余分な角質を除去したり、毛穴の黒ずみや肌のくすみが解消できたり、お肌がツルツルキレイになると評判の洗顔料のこと。
美容に詳しい女性の間では、もはや常識になりつつある、人気洗顔料の一つですね(^^)ドラッグストアなどでもよく目にするようになりました。

ずっと気になっているけど、乾燥肌でそれほど皮脂が多いほうではないし、洗浄力の強い酵素洗顔はエイジングケア世代の私にはきっと合わない...と思っていませんか?
でも酵素洗顔は「肌に残った汚れや古い角質を除去することで、美容液や美容クリームなどが浸透しやすくなる」「正しいターンオーバーに近づく可能性もある」などなど、実はエイジングケアの強い味方になってくれるんです!

もちろん使用頻度や使い方など、注意しないといけない点もありますが、それさえきちんと押さえておけば問題なく使えます。
ここでは酵素洗顔の効果やメリット・デメリットなどご紹介します。エイジングケアの参考にしてみてくださいね♪

なぜ肌がキレイになるの?酵素洗顔のしくみ

酵素洗顔が美肌作りに効果的だと知っていても、なぜ肌がキレイになるのか詳しく知っている人は少ないのでは?
洗顔はスキンケアの中でもとても大切なもの。エイジングケアに上手に取り入れるためにも、酵素洗顔はどういったものなのか、まずはそのしくみをご説明します。

酵素洗顔は酵素の力で余分な角質や毛穴の黒ずみ、お肌のくすみを解消するものですが、そもそも酵素って何なんでしょうか?
酵素はたんぱく質などの物質を分解する働きをもつ成分で、人の体の消化・吸収や代謝などに関わっているとされる重要なものです。最近では酵素を含む食品を意識して摂る「酵素ダイエット」なども有名ですよね。
この「たんぱく質や脂肪を分解する力」を持つ『酵素』を配合した洗顔料で、角質や角栓・皮脂をスッキリと洗い流す洗顔法が「酵素洗顔」というワケです。

毎日きちんと洗顔していても、古い角質や角栓(=たんぱく質)は通常の洗顔料ではなかなか落としきれていません。こうやって肌に残ったままの古い角質が肌のゴワつき、くすみ、毛穴の黒ずみにつながっていくんです...(T_T)
酵素洗顔はこういった肌トラブルの解消に効果的で、若い女性からエイジングケア世代の女性まで、幅広い世代で女性が抱える、さまざまなお肌の悩みを解決してくれる洗顔方法なんですよ♪

酵素洗顔の効果は?メリットとデメリット

酵素洗顔のしくみが分かったところで、次に酵素洗顔にはどんな効果があるのか、メリットだけでなくデメリットも一緒に、詳しく見ていきましょう。

酵素洗顔のメリット

酵素洗顔にはいろいろなメリットがありますが、大きく分けて3つのメリットがあります。

  • 古い角質を除去する
  • 毛穴につまった角栓や余分な皮脂、黒ずみを落としてキレイにする
  • ターンオーバーを正常にする
どれも美肌作りのために重要なポイントですよね?

まず一つ目「古い角質の除去」ですが、古くなった角質が肌に残っていると「くすみ」や「乾燥」「肌のゴワつき」といった肌トラブルの原因になります。
くすみはただ単に肌の色が悪くなるというだけでなく、それだけで老けた印象につながりますし、乾燥や肌のゴワつきは「シワ」や「たるみ」の原因になることも...。
せっかく美白化粧品や高価な美容液などを使っても、余分な角質が残ったままだと、うまく効果が出ないこともあるんです!
逆に、角質が取れると肌のゴワつきもなくなり、肌が柔らかくなって美容液などの浸透もよくなりますし、化粧ノリも良くなるなど、角質除去はいいことづくめ♪
でも、肌に残った角質は界面活性剤を使って汚れを落とす、通常の洗顔料では落とせません。
酵素で分解して汚れを落とす酵素洗顔だからできるワザなんですよね。

次に「毛穴の角栓や余分な皮脂、黒ずみを落とす」。角栓・皮脂・黒ずみといった毛穴汚れに悩む女性は多いんじゃないでしょうか?
ふと見るといつの間にか小鼻に黒ずみができていて、ショックを受けることってありますよね...(T_T)
毛穴の角栓や黒ずみは、長い時間をかけて少しずつできていくので、気づかないうちにできてしまっているんです。
こういった「毛穴汚れ」は、余分な皮脂と古い角質が長い間、毛穴の中でとどまることで固まってしまい、落ちなくなってしまったもの。
これも通常の洗顔料ではなかなか落としきれませんが、酵素洗顔ならスッキリ落とすことができます。
また、余分な皮脂を落とすことで、毛穴で雑菌が繁殖するのを防ぐこともできるので、ニキビ予防にもなるんですよ(^^)

さらに毛穴の汚れをキレイに落とすことはエイジングケアにもつながります。
「余分な皮脂を落とす」「ニキビ予防」と聞くと、20代~30代の若い女性にしか関係ないように思えるかもしれませんが、毛穴の角栓や黒ずみを落としてキレイにすると、エイジングケア化粧品がより浸透しやすくなり、効果UPにつながります。
もちろん、角栓や黒ずみのない、ツルツルで透明感のある肌の方が、若々しく見えるというメリットもありますしね(^^;)

3つ目が「ターンオーバーを正常にする」。アンチエイジングを考える女性には一番気になる点かもしれません。
お肌を若々しく保ち、美肌を目指すためには欠かせないワードですよね。
ターンオーバーとは「お肌の新陳代謝」=「お肌の生まれ変わり」のこと。人間の肌は、ある一定のサイクルで、新しい細胞と古い細胞が入れ替わっています。
ターンオーバーが正常であれば、細胞はどんどん入れ替わっていくので、ハリ・ツヤのある、潤いに満ちたキレイな肌でいられるんです。

裏を返せば、ターンオーバーが正常でないと美肌は望めない、ということなんですよね(>_<)
よく誤解されがちですが「ターンオーバーが正常」というのは「ターンオーバーが早い」というわけではありません。
正常かどうかはサイクルの早さではなく「いつも一定の間隔でターンオーバーが起きている」ということなんです。
できるだけ正常に保っておきたいところですが、ターンオーバーは日常のささいなことで乱れがち...(T_T)
加齢はもちろん、ストレスや睡眠不足、紫外線や乾燥など、ターンオーバーの乱れを引き起こす原因はさまざまです。
正常な状態にするには、食生活やストレスケア、質の良い睡眠など生活習慣を整えることが大事ですが、スキンケアの点からアプローチできるのが「酵素洗顔」なんです!

酵素洗顔で古くなった角質や余分な皮脂、角栓などを取り除くと、肌は新しい角質を作ろうとします。
するとターンオーバーが促され、正常なサイクルに近づけることができるんです!
洗顔することで健康な肌になれるなんて、本当に酵素のパワーってスゴイですね(^^)

酵素洗顔のデメリット

とても魅力的な酵素洗顔ですが、残念ながらメリットばかりではありません...。
古い角質や角栓を取り除くことができるということは、それだけ洗浄力が高いということ。
洗浄力の高い洗顔料は肌へのダメージも大きく、使い方には十分注意しなければいけません。
酵素洗顔のデメリットとして考えらえるのは

  • 過度な洗顔で肌を傷めてしまう
  • ターンオーバーが早くなりすぎてサイクルが乱れてしまう
  • 酵素によるアレルギー反応が出てしまう

などがあります。

適度な回数で行えばとても効果的な酵素洗顔ですが、やり過ぎてしまうとかえって肌を傷めてしまいます。
余分な皮脂や古くなった角質は除去した方がいいですが、あまりに頻繁に酵素洗顔をすると肌に必要な分まで落としてしまい、結果乾燥肌や敏感肌になったり、足りない油分を補おうとさらに皮脂が分泌され肌のテカリを起こしたりします。

また、過度な酵素洗顔でターンオーバーが早くなりすぎてしまい、正常なサイクルが乱れてしまうことも。
ターンオーバーが遅くなっている場合は、酵素洗顔でターンオーバーを促し、早めることでベストなサイクルに近づけることができますが、やり過ぎてターンオーバーが早くなりすぎるのもよくありません。
ターンオーバーが早すぎると、お肌を刺激から守るバリア機能が低下して敏感肌になったり、お肌を守ろうと過剰に皮脂が分泌されてしまったりします。

また、酵素洗顔で皮脂や角質を落とすことに慣れてしまうと、もともと肌に備わっている古い角質を落とす酵素が作られにくくなり、かえって角質がたまりやすくなったりします。
これらはどれも使い方を間違ってしまったために起こるデメリット。きちんとした使い方をしていれば、こういった肌トラブルを起こす心配はありません。
商品や個人個人の肌質によって違ってきますが、酵素洗顔の使用目安はだいたい週に1~2回程度。早くキレイになりたいからといって、使用方法を守らずにいると逆効果になってしまうんです(>_<)

そして酵素によるアレルギーが起こらないかどうかを見極めるのも、大事なポイントです。
酵素洗顔によく使われる「パパイン」は植物由来の成分なので、中にはアレルギー反応を起こしてしまう人もいます。
初めて使用する前には、サンプルなどを利用してパッチテスト(二の腕などにアレルギーが疑われる物を乗せてアレルギー反応が出ないかを見るもの)をしたほうがいいでしょう。
酵素洗顔に使われる酵素は一つだけではないので、もしテストしてみて合わない場合は、違う成分を使った酵素洗顔を考えてみるのもいいかもしれませんね(^^)

アレルギーの場合は仕方ないですが、酵素洗顔による肌トラブルは、ほとんどが使用方法を間違っているために起こるもの。使い方を間違えなければ、安心して使えます。次に酵素洗顔を使うときのポイントをご紹介しますね(^^)/

正しく使ってもっとキレイに!酵素洗顔のポイント

酵素洗顔にはメリットだけでなくデメリットもありますが、正しく使えば美肌作りにとても効果的なものです。そこで、酵素洗顔を使う時に注意するポイントをいくつかご紹介します。

酵素洗顔に向いている肌の状態かどうかを確かめてから使う

酵素洗顔の効果を聞くと、すぐにでも試してみたい気持ちになりそうですが、残念ながら酵素洗顔は誰にでも使えるものではないんです...(;_;)
例えば肌質。皮脂が多く出ている、毛穴の角栓や黒ずみがひどい、ニキビの初期段階(白ニキビや黒ニキビ)などは酵素洗顔で美肌が期待できる、酵素洗顔に向いている肌質です。

反対に乾燥肌や敏感肌、肌のバリア機能が低下していると感じる時、ニキビが炎症を起こしている時(赤くなったり化膿しているような時)などは酵素洗顔に向いていません。
もともと乾燥肌や敏感肌の人は使用しないことが一番ですが、どうしても使いたい場合は月に1~2回程度、スペシャルケアとして取り入れるようにしましょう。

また、ニキビが進行していたり、バリア機能が低下している(肌がダメージを受けている)と感じるようなときは使用を避けましょう。無理に使うとかえって肌を傷つけることになります。

使われている成分をしっかりチェックする

酵素洗顔に使われる酵素には「植物由来の天然酵素」と「人工的に作られた合成酵素」の2種類があります。
植物由来のものは天然成分なので刺激が少なく安心して使えますが、その分価格は若干高めになります。天然酵素の代表的なものは「パパイン酵素」「プロメライン(パイン酵素)」「プロテアーゼ(天然酵母由来の酵素)」など。
刺激は少ないものの、人によってはアレルギー反応を起こしてしまう場合もあるので、心配な時には一度パッチテスト(二の腕などにアレルギーが疑われる物を乗せてアレルギー反応が出ないかを見るもの)をしてから使う方がいいでしょう。

合成酵素は人工的に作られた酵素で、植物由来の天然酵素のように不要な角質だけを除去するような働きはなく、お肌に必要な皮脂や角質まで落としてしまい、肌を傷めてしまうことがあります。成分が不安定でヒリヒリとした刺激を感じる場合もあり、天然酵素より肌への負担も大きくなります。
天然酵素のものよりコストがかからないので、比較的安いものや大量に出回っているようなものには注意が必要です。合成酵素の代表的なものは「パパイン酵素」「プロテアーゼ」など。あれ?天然酵素と同じですよね?成分表示上は天然酵素も合成酵素も同じになってしまうんです...(--;)

見分け方のコツとしては、商品のホームページやパンフレットなどで成分を確認し「天然」「植物由来」といったワードが出てくるかどうか。天然の酵素を使用していることは商品の大きなポイントになるので、そういった商品であれば必ずその表記があるはずです。もしその表記がない場合は合成酵素の可能性があるかもしれません。

自分に合ったタイプを選ぶ

一口に酵素洗顔と言ってもいろいろな種類があります。パウダータイプか固形石鹸タイプか、1回ごとの使い切りタイプかどうか、保湿成分がプラスされたものかどうか、など。
酵素洗顔ではパウダータイプが一般的ですが、これは酵素が水と混ざる時にそのパワーを発揮するため。安定剤や防腐剤などを使用しなくてもよいので、より肌への負担を軽くできるのもメリットです。
ただパウダータイプは湿気に弱く、だまになったり固まったりしやすいのが難点。置き場所や保管方法に気を付けなければなりません。固形石鹸タイプは普通の石鹸と形は同じなので、石鹸に慣れている人には使いやすいかもしれません。ただ石鹸タイプには使い切りのものがなく、これも湿気に弱いため、保管方法に注意が必要です。

便利なのが1回使い切りのタイプ。パウダータイプのみですが、1回ごとに使い切るので湿気を気にすることなく、保管方法に注意する手間もありません。さらにお肌に優しいのが保湿成分の入ったもの。酵素と一緒にヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどの保湿成分を含んだものなら、より肌へのダメージを少なくできます。

決められた使用回数を守って使う

少しでも早く効果を出したくて何度も使いたくなってしまうところですが、酵素洗顔は正しい使用回数を守って使うことが大事。何度も言いますが、これが酵素洗顔を使う上での重要なポイントなんです!
酵素洗顔は普通の洗顔料に比べて洗浄力が高いため、使いすぎると肌を傷めてしまいます。
適切な使用回数は週に1~2回程度。また敏感肌や乾燥肌でない人も、肌の調子が悪かったり、生理前後の肌が敏感になりやすい期間は避けた方がいいでしょう。

夜の使用がおススメ

酵素洗顔は朝よりも夜の方がおススメです。
夜の方が朝より皮脂の分泌が増えることや、朝に角質除去をした状態で外出すると、バリア機能が低下した肌が紫外線にさらされることになり、肌へのダメージが大きくなります。夜ゆったりとした気分で行うのがよさそうですね(^_^)

酵素洗顔の後は保湿をしっかり!

酵素洗顔で角質除去した肌はとても敏感になっています。
お肌の水分も普段より不足しがちになるので、いつも以上にしっかりと保湿することが大切です。なるべく刺激の少ないものを使い、洗顔後は少しでも早く保湿するようにしてください。

紫外線対策も念入りに

紫外線対策もいつも以上に念入りにしましょう。これも角質除去で肌のバリア機能が低下しているため。日焼け止めはもちろん、日差しの強い時には日傘や帽子など、しっかり対策しましょう。

いくつかあげてみましたが、どれも少し気を付けるだけで実践できるものばかり。
ちょっと気を配るだけで酵素洗顔の効果がグンとUPしますよ(^_^)♪

おススメはコレ!人気の酵素洗顔パウダー

若い女性特有の肌悩みからエイジングケアまで、さまざまな世代の女性にとって魅力的な酵素洗顔。でも世の中にはいろいろな商品があふれていて、どれを選べばいいのか難しいですよね?
そこで酵素洗顔の口コミや、私が実際に使ってみて良かったと思ったおススメの酵素洗顔をご紹介します!

天然酵素パパイン配合酵素洗顔パウダー「ナールスフォーム」

ナールスフォームは天然酵素「パパイン」を配合した酵素洗顔パウダー。最先端のエイジングケア成分「ナールスゲン」で有名なスキンケア化粧品「ナールス」商品の一つです。
この酵素洗顔パウダーにはナールスゲンは入っていませんが、「洗い流す」ことを目的とした洗顔料の特性上、あえて配合していないようです。

天然パパインはもちろん、良質な石鹸素地、保湿力の高いマリンコラーゲンなど、こだわりの成分を配合。選び抜かれた素材だけを使って作られ、防腐剤・香料・着色料・石鹸以外の界面活性剤は使用していません。
粒子の細かいパウダーは泡立ちも良く、洗い上がりはすっきりしているのにしっとりしていて、つっぱることもありません。@cosme(アットコスメ)での口コミも多く、どれも高評価!
酵素洗顔初心者でも安心して使える、おススメの酵素洗顔パウダーです。
購入してみたい方は下のリンク先のページからがおすすめです。

「ナールスフォーム」の購入はこちらのページからがお得。

【ナールスフォームの全成分表示】
カリ含有石けん素地 / タルク / シリカ / 加水分解コラーゲン / パパイン

このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者プロフィール

名前KEIKO

年齢41歳

肌質乾燥肌、混合肌

趣味ブログ、料理、子供と遊ぶ

40代になってエイジングケアにハマってます(^^)
実際に気になるコスメを色々試してレビューしてます!反響があるととても嬉しいです!応援してくださいね!

  • エイジングケアお役立ちコラム
広告
ページTOPへ

カテゴリ

※当サイトに掲載している内容はあくまで当サイト運営者が独自にネットや他の書籍などを調べた内容を要約して独自の感想を交えながら掲載したものです。
情報の正確性について保証するものではありませんので予めご了承ください。