リンゴ幹細胞がすごい!美容業界にとって画期的発見!。オススメの無添加化粧品、幹細胞コスメ比較ランキングなどご紹介。

リンゴ幹細胞がすごい!美容業界にとって画期的発見!2016.02.03

リンゴ幹細胞がすごい!美容業界にとって画期的発見!

リンゴ幹細胞とは

18世紀のスイスで発見された品種改良を重ね、長期保存可能にした「ウトビラー・スパトラウバー」という品種のリンゴ。
このリンゴの実はなんと4カ月放っておいても腐らないというから驚きです。
18世紀頃はほとんどがこの「ウトビラー・スパトラウバー」が食されていましたが次第に蜜の甘いリンゴが求められ、今のリンゴと比べて甘味の少ないこのリンゴの生産は減っていき、現在では世界に20本しかないらしくスイスでも保護対象とされています。

最近になってこの「ウトビラー・スパトラウバー」の自己再生能力が注目され研究で明らかになってきました。
幹細胞が人間の傷ついた細胞を修復したり再生する周期をターンオーバーといい、不規則な生活や老化とともに遅くなっていくこのターンオーバーを促進、活性化させることが若々しい肌を保つためには重要で、ウトビラー・スパトラウバー」から抽出したリンゴ幹細胞培養エキスがこの人間の幹細胞に効果があることが分かってきました。

リンゴ幹細胞培養エキスの力

人間のお肌は幹細胞を修復させるターンオーバーというサイクルを常に繰り返していますが、食生活や不規則な生活、老化などによりこのターンオーバーの周期が遅くなり肌ダメージを受ける速度より修復が遅くなることでシワやしみ、肌荒れなどが出てきます。
このターンオーバーの周期を正常に戻し幹細胞を活性化させる効果があるとTVや新聞などメディアでも注目されたリンゴ幹細胞培養エキスは最近多くの化粧品メーカーで幹細胞コスメとして採用されきています。
希少なリンゴ幹細胞培養エキスですが人工培養して増やすことで低価格で化粧品などに配合しています。

広告

「表皮幹細胞」にはたらきかけ、幹細胞を活性化して若々しい表皮を維持するために効果があります。
スイス産のリンゴ品種「ウトビラー・スパトラウバー」。冷蔵技術のない18世紀中頃に長期保存を目的に改良された西洋リンゴの一種です。
スイス国内で保護認定されているほど希少価値が高く、世界に20本しかありません。
「不老の果実」との異名をとるほど、一般的なリンゴに比べて腐りにくく、4ヶ月経っても新鮮でしなびることのない強い生命力をもっています。
その幹細胞を培養し、医療・美容で使用されています。

近年、幹細胞の関係が近年明らかになり、このリンゴの中に含まれる幹細胞(多種類の細胞になることが出来る能力と、複製を作り増殖することができる細胞のこと)から抽出した成分は、植物栄養素、タンパク質、長寿細胞が豊富に含まれており、ヒト皮膚幹細胞の働きを高め、ヒト皮膚幹細胞の寿命延長や抗老化作用、表情ジワの改善など、肌をいきいきとさせ若々しさを保ちます。

期待できる効果

  • 表皮幹細胞増殖能力の維持
  • 紫外線から幹細胞を保護
  • 老化遅延効果
  • 抗しわ効果
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
  • エイジングケアお役立ちコラム
  • ラ・ミューテ美肌セット
  • 本気の美白
  • ワキ汗、汗ジミ
  • オーガニックホホバオイル
  • エイジングケアお役立ちコラム
広告
ページTOPへ

カテゴリ

※当サイトに掲載している内容はあくまで当サイト運営者が独自にネットや他の書籍などを調べた内容を要約して独自の感想を交えながら掲載したものです。
情報の正確性について保証するものではありませんので予めご了承ください。