クレンジングで注意すること。オススメの無添加化粧品、幹細胞コスメ比較ランキングなどご紹介。

クレンジングで注意すること

女性は毎日のメイクを落とす時にクレンジングを使用している人も多いのではないでしょうか?
そんなクレンジングはお肌に良いのか、それとも悪いのかクレンジングの本質を知っておきましょう。

クレンジングの注意点

メイクを落とさないまま寝てしまうと、お肌の状態は悪くなる一方です。
メイクによる汚れは肌への刺激にもなり、酷い場合は色素沈着の問題にもなるのでしっかりその日中に落とさなくてはいけません。
そのために使用するクレンジングですが、役割は洗顔料や水だけでは落せない油性のメイク成分を界面活性剤の力を借りて落としやすくするのです。
女性はメイクをなるべく控えて、軽いクレンジングだけで済むようにすると肌への刺激を抑えられるので安心です。
クレンジングとは洗顔剤ですが、肌にとても大きな負担をかけてしまうスキンケアでもあります。
毎日メイクをする人はクレンジングも毎日行うと思いますので、角質層にダメージを与え続ければ、それがきっかけで乾燥肌や敏感肌などのバリア機能も低下し肌トラブルになる可能性が高いのです。
できるだけお肌に負担がかからない方法としては、帰宅後はすぐにメイクを落とすこと。
そしてクレンジングや洗顔では思い切りこすらないこと、時間をかけすぎない洗顔法、メイクの濃さや肌の状態で使い分けることが大切です。
普通の洗顔でも言えることですが、顔をこすらないことと洗顔に時間をかけすぎないことがポイントです。
これらは肌への摩擦で角質層をはがす結果になりますし、クレンジングの界面活性剤により肌に触れている時間が長いだけバリア機能の破壊が進行してしまうのです。

広告

オイルクレンジングの正しい使い方

メイクを落とす際、オイルクレンジングを使う人が多いと思いますが、オイルクレンジングは洗浄効果が高い分、肌への負担も大きくなります。
しかし洗浄力の弱いクレンジングを使えばメイクを落としきれず、毛穴に汚れが溜まるので必要以上に洗ってしまう人もいるので、逆に肌トラブルの原因やお肌に刺激を与えてしまいます。
オイルクレンジングは石鹸やジェルなどの水溶性のものより、オイルの方が油分を効果的に落とせるというメリットもあります。
毎日のスキンケアで一番の重要点はクレンジングと洗顔でメイクや汚れを落とすことですよね。
特にニキビが発生しやすい人はオイルが残らないようにしっかり洗顔することが基本となります。
素肌を綺麗に保ち、クリアな肌にしてこそ基礎化粧品や化粧品が生きるものだと思います。
ですから弱い洗浄力で長時間ゴシゴシ擦るよりもオイルクレンジングを使用して素早くメイクを落とす方がお肌には負担がかかりにくいそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • エイジングケアお役立ちコラム
  • ラ・ミューテ美肌セット
  • 本気の美白
  • ワキ汗、汗ジミ
  • オーガニックホホバオイル
  • エイジングケアお役立ちコラム
広告
ページTOPへ

※当サイトに掲載している内容はあくまで当サイト運営者が独自にネットや他の書籍などを調べた内容を要約して独自の感想を交えながら掲載したものです。
情報の正確性について保証するものではありませんので予めご了承ください。