増加する大人のアトピーに対する効果的なスキンケア方法とは?。おすすめの無添加化粧品、幹細胞コスメ比較ランキングなど。

増加する大人のアトピーに対する効果的なスキンケア方法とは?

増加する大人のアトピーに対する効果的なスキンケア方法とは?

アトピーとは特定の食べ物やストレス、ハウスダストなどが原因で突然起きてしまう肌トラブルです。
子供の頃からアトピー持ちの方だったり、大人になってから発症してしまう方もいます。
そんな大人のアトピーに対処できるスキンケア法をご紹介します。

大人のアトピーの原因は?

子どもの頃にアトピーで大人になってから治った、という人はよく聞きます。
これは子どもの頃は弱かった肌のバリア機能が大人になって強くなるため自然に治癒する場合があるのです。
しかし、大人になってから再発する人や初めてアトピーになる方もいます。
これは大人のアトピーは子供のアトピーの原因と異なるからです。
大人のアトピーの原因は主にストレスや生活習慣の乱れ、都会に多い車などの排気ガスやエアコンのハウスダストなど空気の汚れといった生活環境です。
それゆえ、今大丈夫な方でも今後アトピーになる可能性も十分あり、現在大人アトピーの患者数は年々増えていると言われ、現代病になっています。

大人のアトピーのスキンケア方法

アトピーのような皮膚炎がお肌に強く出ているときは、スキンケア方法を間違えてしまうと更に悪化します。
特にアトピーによって肌が乾燥している時は肌へ刺激が加わりやすく過剰反応してどんどん悪化するのです。
アトピー肌に最適なスキンケア方法としては、まずは保湿剤を改善していく方法です。
保湿剤は肌から無くなってしまった脂分や水分を補うために使用するものですので、病院で処方されるお薬やクリームなどと一緒に併用しても基本的に問題ありません。
使い方としては、外用薬を先に塗布してその効果をより発揮させるために保湿剤を上から塗布することで両方の効果で改善効果を高めます。
化粧水を使う場合も保湿剤はその後に使う方がより効果が期待できます。
また、アトピー肌に対してスキンケアを行う時はお肌になるべく負担のかからないように優しく行い、炎症が悪化しないよう軽いタッチでマッサージをするようにして下さい。

アトピー肌の人が避けたい化粧品

アトピー肌の方は、本来皮膚がもっているバリア機能が弱くなっているため、ちょっとしたことで肌トラブルを起こしてしまいます。
特に紫外線はアトピーには大敵で、元からバリア機能を失っている皮膚なのに紫外線の刺激が加わると更に皮膚の炎症を起こすことになります。
外出する際はしっかり日焼け止めを塗り、お肌の露出も最小限にとどめることが大切です。

アトピー肌の人が避けたい化粧品の成分はアルコールやミネラルオイル、エタノールなどの鉱物油です。
エタノールは気化する時に肌の水分も奪ってしまうため、乾燥を招きやすく、更にアトピーの症状を悪化させやすくなります。
鉱物油は原材料が石油なので肌バリア機能が弱くなってしまったアトピー肌につければ、石油成分が肌の奥まで浸透する危険性が高まります。
日焼け止めやファンデーションなどもこの鉱物油が使用されていることが多いので、鉱物油不使用のものを選ぶようにしましょう。

化粧品を購入する際、配合成分に「旧表示指定成分」が配合されていないかチェックしてみるのもいいと思います。「旧表示指定成分」の一覧はこちらをご覧ください。
化粧品危険成分、簡単チェックツールはこちら

アトピー肌の方におすすめの美容クリーム

肌荒れを繰り返す方、アトピー肌の方に是非試して頂きたい美容クリームがあります。
日本で唯一「水分保持能」を改善できる効果が認められた医薬部外品有効成分「ライスパワーNo.11」という成分を配合した「アトピスマイル」というスキンケアクリームです。
肌を根本から見直し、肌そのものを改善する美容クリームで、お肌の潤いが改善されるので、痒みも緩和します。
肌の表面の潤いだけでなく、角質層よりも深い深層部(基底層)まで浸透し、角化細胞を活性化します。体はもちろん顔にも使えます。

アトピスマイルクリームの購入ページは下記からどうぞ。
「アトピスマイル」の詳細はこちら

広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者プロフィール

名前KEIKO

年齢41歳

趣味ブログ、料理、子供と遊ぶ

美容系、エイジングケアのネタを研究しています!
常にアンテナをはって美を追求、情報発信します。
反響があるととても刺激になりますので応援してくださいね!

  • エイジングケアお役立ちコラム
広告
ページTOPへ

※当サイトに掲載している内容はあくまで当サイト運営者が独自にネットや他の書籍などを調べた内容を要約して独自の感想を交えながら掲載したものです。
情報の正確性について保証するものではありませんので予めご了承ください。